双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

ブットバソウルを求めて

どうも。

 

今日は甥っ子からのリクエストで「ブットバソウル」をしたいと言われました。なんだ?ブットバソウルって・・・ってなりました。(最初、なんて読むのかも分からずブットバスって怖い言葉なだなと思っていました)

 

ネットで検索したら戦隊モノのゲームらしいです。

f:id:hodaka6212:20180430153233j:image

http://bs.gashapon.jp

 

こういうやつです。なんかメダルを買って、そのメダルについているQRコード読み込んだらゲーム開始で、メダルを三枚セットして、さらにエネルギーメダルセットして、よくわからないボトルをセットする・・・1回ゲームするのに、何個も手順があって、大変なゲームです。そのため、長蛇の列になることしばしばらしいです。

 

どこにあるか調べてみたら、近くのイオンにありました。近いといっても車でいかないと行けない距離なので、車で行きました。ゴールデンウィークだし、イオンも混んでいるだろうなぁと思ったら、駐車場はあっさりと入れました。

で、イオンにあるゲーセンは2つあったので、まずは入ってすぐのゲーセンを探しました。あったと思って、妹に伝えるんですが、「違う。それは何々」と言われます。なんだかはっきり覚えていませんが「ガンバライド」とかいう別のやつでした。カードゲームバージョンもあるのねと思っていたのですが、そのゲーセンには見つからず。

もう1つのゲーセンに行ってみましたが、アーケードゲームがあまりなくコインゲームがメイン。数台のアーケードゲームをみましたが、どこにもありません。「他の階にあるかも・・・」と言われたので、1階から隈なく探してみましたが見つかりません。そうしたら妹からラインが来ていて、見つかったと。

 

結局ゲーセンから少し外れたエレベーターの前に設置されていました。メダルはガチャガチャで手に入れる必要があるので、ガシャポン台とゲームがセットで設置されていました。少年たちが陣取ってやっていたので、しばらくメダルゲームをして待ちました。30分くらいしたらいなくなっていたので、甥っ子を連れて行ったのですが、メダルケースがないとなって、妹を探し、受け取って、ゲーム機に。

メダルのQRコードは1回だけ使えるらしいので、2回目は「すでに使ったぞ」と言われるらしいです。で、どのメダルが使ってないの?と聞くと、わからないと・・・30枚近くあるメダルから、使っていないメダルを探さないといけない・・・

なんて、不便なゲームなんだと思ってしまいました。

でもこういう時の勘いいんですよね。適当にとってかざしてみたら、一発で成功。すぐに始められました。

 

さすが、ゲームをし慣れている甥っ子は手際よくメダルを読み込ませて行きます。それでも、1ゲーム開始するのに5分くらいかかりました。これって、非常に回転率悪いですよね。

 

そうこうしていたら、いきなり後ろで奇声が聞こえました。

振り返ってみると、自分より図体の大きい男性の方が癇癪を起こしているようでした。顔つきから知的障害があるなと分かりました。細身のお母さんらしき人がなだめていますが、落ち着きません。あちこち殴りながら近づいて来ます。甥っ子を体でかばうようにガードして、手を出されたらすぐに取り押さえようと思いました。おそらく障害者手帳を持っているだろうけど、こっちも持っているので、取りおさえるだけなら正当防衛で済むだろうと思いました。

そうしたら、ゲーム機の画面をバンと叩きに来ました。

おっ・・・と思ったんですが、人には手を出しませんでした。というか、私も睨みつけていたので、目が合った瞬間逃げて行きました。

その後をその人の親が通って行ったのですが、一言も言わずに行きました。せめてあそこで一言「すみません」と言ってくれれば、印象も悪くないのに・・・と思ってしまいました。

傍若無人に振舞ってしまうのは、障害の特性ゆえ仕方がないとしても、その後の礼儀を弁えていないと、世間への印象はますます悪くなる一方なのに・・・と思ってしまいました。障がいのある人と関わる仕事をしているので、余計にがっかりしました。でも、もう親御さんからすると日常なんでしょう・・・

 

そんな事件もありながら、何とかゲームができました。でも、その最中に後ろに人が並んじゃったので、1回だけやって交代しました。甥っ子はあの出来事が怖かったらしく、もういいといってゲームをやめてしまいました。散々探した挙句、一回やって終わり・・・

 

そのあと昼ごはん食べて、おもちゃ屋で遊んで、靴買って買い物して、帰りました。かれこれ4時間くらい。でも、本来の目的は5分ちょい(笑)

 

休みの中、うちの父が仕事をしてしまったので、代わりに遊びに連れて言ってくれと言われ行きましたが、大変でした。自分自身の生活リズムもありますが、やっぱり長い時間出かけると疲れてしまいます。もう少し体力をつけないといけないですね。