双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

実家の床下収納庫の天板

どうも。

 

病院行って思わぬ病気の疑いが発生して困惑している今日この頃です。

病院が実家の近くだったので、病院に行ったあと、実家に寄りました。

メニエール病の話をしたのですが、親もめまいで病院に行ったときに疑いがあって、検査しようとなったけど、高かったからやめたという話を聞きました。可能性高いのかな?自覚症状無いんだけど・・・

 

目次

 

1 抜けそうだった台所の床下収納の天板

実家はマンションなんですが、1階のため台所に床下収納がついていました。引っ越した当初はそこへ色々入れていたようなのですが、すぐにカビだらけになったこともあり、それ以降は何も入れず、ただ邪魔なだけでした。

床下収納と聞けば便利と思ってしまうかもしれませんが、湿気が溜まりやすく、すぐに痛みます。ただし、そこが点検口の役目を持っているため、埋めるわけにも行かず、ただ、そこに空間がある状態でした。

ところが、そこは大所です。毎日のように天板を踏みます。そうすると天板の取って部分からメリメリと割れ始めました。さらには、ネコがおしっこを外してしてしまい、天板に掛かっていたことがありました。そういう事も重なり、天板の周囲がふにゃふにゃになり、いつか踏み抜いてしまうんじゃないかって状態になっていました。

母親は父親に何度も天板を替えたいと言っていたようですが、「うん」と言いつつも全然替えてくれなかったそうです。

という愚痴を言われつつも、踏んでみると確かに以前よりもバキバキにへっこむようになっていて、ジャンプしたらもう踏み抜けそうな感じでした。

 

2 蓋を開けてみると

バキバキの蓋を開けてみて、中を確認してみると大変な事実が発覚しました。

 

蓋の裏がカビだらけ―

 

木の色はどこへやら。真っ黒くろすけ状態でした。どうやら木がバキバキになっていた理由はカビのせいでもあったようです。収納ケースにもカビが生えていたので掃除をしたのですが、このまま蓋を放置したら危険だということで、蓋売ってないかネットで調べて見ることにしました。

 

「床下収納 60センチ」と調べると、床下収納の収納ケースと蓋がセットで出てきました。1万5千円~2万くらいで出てきました。二つあるので、セットで買うと3万~4万・・・高いっ!?しかも、全部外して取り替えてってなったら工賃まで掛かるとか。

 

床下収納使わないから、それにこんなにお金掛けたくない

 

はい。ごもっとも。使うものならいいけど使わないんだから、蓋だけ取り替えて、落ちる心配が無くなれば良い。ということでした。そして、父親に言っても話が進まないので、「今から買いに行こう」ということになりました。

 

3 いざ、ホームセンターコーナン

我が家でホームセンターといえば、コーナンです。

コーナン公式サイト

で、父親が買って回収対象になっていた扇風機があったので、それも持っていきました。扇風機を新しく買わされたと母親が言っていたので、扇風機を回収することで返ってくるお金で床下の天板を買えば良いとなって持っていきました。

サービスカウンターで引き取って貰ったんですが、3月からは回収店舗が限られているので・・・みたいなことを急に言われました。ネットでは最寄りの店舗にってなっているので、「ネットで書いてましたか?調べてきたんですけど。」って言いました。

「今回はうちでも回収しますが・・・」と慌てて言ってきました。回収対象商品のページを見せて、最寄り店舗で良いとなってますよね。と伝えました。3ヶ月以上もHP上の情報を更新していないってのは問題ありでしょって思いました。

それに製品に不良があって回収するのに、店舗限定って持って行けない人どうするの?って状態です。あまり回収する気が無いのかなって思わざるを得ません。コーナンさん、制度改悪はよくないと思いますよ? 

 

さて、コーナンで天板を探したのですが、なかなか売っていません。60センチ×60センチの板2枚。店舗内の加工された木材を見ていたのですが、なかなかぴったりのがありません。60センチ×45センチとかが多かったです。

なので、外の木材コーナーに移動しました。大きな板がいっぱいありました。カットすれば希望通りの大きさになるかなってなりました。でも、厚みがないのです。天板は2センチの暑さがありましたが、2センチの暑さの木が売っていません。9ミリの板を二枚を貼り合わせて、下から支えをかませたらうまくいくかなとなりました。

4枚の板が必要でしたが、1枚の大きな板からは3枚しか取れなかったので、2枚買って、6枚の天板サイズの板をゲットしました。1セットは予備で置いておくことにして。

f:id:hodaka6212:20180623154659j:plain

 あーダサい写真ですね。指写っています。許してください。

 

4 いざ工作

実家に戻っていざ工作。二枚の板をボンドで貼り合わせました。重しを置いてきっちり張り付くまで乾かしました。

その間に、天板の支えになる部分を作りました。突っ張り棒でいいかということでやってみたのですが、100均のにしちゃったので、あまり支えとして十分ではありません。弱いなぁと思いながらも、とりあえず、そのままで支えにしました。

そして、天板を置いてみるとぴったりサイズでした。

上に乗っても大丈夫。ゴワゴワして抜けそうな感じはなくなりました!

 

5 やってみたら早かった。

結局この日は病院に行った帰りに実家に行ったので、買い物も昼から行って、そのまま作業をして夕方までには終わりました。

これまで先送りになっていましたが、いざやってみると早かったです。

物事はそんな感じなんですね。面倒だという気持ちが先延ばしにさせるだけでやってみると案外早く終わるものです。

当たり前だけど、大切なことを思い返せたことでした。

実家も18年経っているので、徐々にぼろが出てきています。また改修が必要な場合は・・・いや、モノによってはちゃんと業者に依頼します(笑