双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

地震から1週間が経過しましたね。

どうも。

 

大阪北部地震が発生してから1週間が経過しました。余震は何十回と起こっているようですが、私の住んでいる地域で体に感じる余震は数回程度です。

被害もほとんど無い地域なので、狭い大阪といえど、震央から離れると被害は少ないです。それも地盤を調べてみたところ、大阪北部から北区(梅田)までの地域は、元々河の堆積物だったこともあり、地盤がやわらかいようです。なので、そこまで揺れが大きいようです。

私住んでいる地域は震源地から直線距離で27キロほど。それで震度4でした。ところが86キロ離れた姫路でも震度4でした。3倍近く離れているのに震度が同じなのが不思議でした。もちろん、横ずれ断層だったので、横方向に震度が伝わりやすいということもいえるでしょうが、地盤の問題もあるのではないかと思いました。

ちょうど、淀川より北部の地帯の東西を見てみると、地盤が固い地域もありつつも、普通からやや弱い地域が多いようです。

 

とはいえ、私の住んでいる地域は断層が走っています。もちろん、平野部なので断層があるのは仕方がありません。そのときは直下型地震であり、緊急地震速報も間に合わないんだろうなって思っています。だから、備えられるものは備えておこうと思います。

 

・持ち出せるように鞄をセット

f:id:hodaka6212:20180625115602j:plain

猫用のキャリーケースもセットしてあるんですけど、この鞄がお気に入りだそうです。逃げるときも、麻呂をここにいれて、荷物を猫用のキャリーケースに入れないといけないかなぁって感じです。この横に2Lの水1ケースセットしています。

実は、地震発生後から、近所のスーパーから水やらお茶やらが消えました。慌てて買い求めた人が多いのと供給が間に合っていないからです。でも、我が家は常に水はストックしています。この水もその一環で置いていたものです。慌てて買い足さなくても準備完了です。

 

 ・お風呂にも水張りを・・・

f:id:hodaka6212:20180625115855j:plain

断水した時用に水を張っています。このお風呂は身長170センチの私でも足を伸ばして入っても少し届かないくらいの大きさがありますので、それなりの水量が入ります。毎日お風呂にお湯を張って入るともったいないので、基本シャワーです。

普段よりもお風呂に水が入っている状態になりましたが、これも大切な備えです。

 

・カセットコンロ

f:id:hodaka6212:20180625135755j:plain

実家の床下収納の修理のために木を買いに行ったときについでに買いました。

 

soukyoku2.hatenablog.com

 

カセットコンロあったほうがいいよななぁって思っていました。うちは、ガスと電気のままです。どちらかにまとめてしまった場合、片方のインフラがやられると両方アウトになるのが恐いので、いくらセットにした方がお得と言われても、バラバラです。餅屋は餅屋です。ガスと電気はそれぞれのです。(もちろん両方ダウンする場合はあるでしょうが・・・)

基本、やかんでお湯を沸かしますが、電気ケトルもあるので、電気でお湯も沸かせます。ですが、もし電気もガスもやられてしまっては、お湯が沸かせません。これでは、カップ麺で食いつなげません。

ということで、ガスコンロがあれば、一時的に湧かすことが出来るんじゃないかって思っていたのです。

でも、この発想、私だけではなかったようで、ホームセンターのカセットコロン売り場は大盛況でした。ほぼ売り切れに近い状態で、残っているのはわずかでした。ホームセンターのプライベートブランドのコンロの方が400円ほど安かったのですが、自主回収製品も多いので、いざっていうときに使えないと困るので、メーカー品のにしました。

 

ということで、1週間経ちましたが、我が家はまだ、逃げ出せるように準備完了です。あれから大きな地震は来ていませんが、終わった頃にやってくると思っているので、まだ終わったと思いません。

さて、気をつけて生きてい行きましょう!