双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

ゼロ芯 シャーペン って知っていますか?

どうも。

 

双極性障害になってから、障がいのことをブログでいっぱいアップしていますけれど、それ以外にも休職中なのでいそいそと取り組んでおります。

何度かこのブログでも書きましたが、漢検の勉強もしています。

 

soukyoku2.hatenablog.com

 

 

soukyoku2.hatenablog.com

 

最近、予定外のことが起こり、次の受験では合格難しいかなあってなっていますが、勉強をしています。

 

さて、漢字の勉強をしているときですが、シャーペンで書いて練習しています。本試験ではシャーペンですからね。そうじゃなかったら、ボールペンでもいいんですけどね。で、今回はそのシャーペンのお話です。

 

目次

 

1 プラチナシャーペン ゼロ芯 シリーズ

f:id:hodaka6212:20180902141353j:plain

これが私のお気に入りのシャーペンです。

f:id:hodaka6212:20180902141437j:plain

スリムな形状、持ちやすさです。

f:id:hodaka6212:20180902141509j:plain

いつもこのシャーペンを使っているのですが、どこのメーカーのかわかりませんでした。今回ブログを書こうと思って検索してやっと突き止めました。

プラチナシャープペン

どうやら、三色あるそうですが、ブラック以外見かけたことがありません。

私がなぜ、このシャーペンを使うようになったのか、経緯を説明したいと思います。

 

2 鉛筆からシャープペンシル

私は小さい頃から筆圧が強かったのです。小学生の頃は鉛筆だったのですが、HBだとすぐに折れてしまいます。わざと折っているんじゃないかと言われてきました。そこで2Bくらいを使っていました。これがギリギリです。それでもポキッっと折ってしまいます。だから、折れたらまずい状況では6Bです。濃すぎるかもしれませんが、柔らかいので耐えてくれます。硬い芯はだめでした。

 

そんな私がシャーペンを使い始めたわけですが、最初は誰かからもらったシャーペンでした。でも、すぐに先端が折れてしまいました。シャー芯が詰まって出てこないときも多かったのです。

その後シャーペンも色々出てきて、ドクターグリップとかも使いました。フリフリしているだけ出てくるものもありましたよね。そういうのも使いましたし、持つところがゲルになっているのも使いました。

 

そういうシャーペンの多くは、芯が潰れて詰まるか、持つ部分がゆるゆるになったり、伸びきったりしてしまって使い物にならなくなっていきました。

 

どのシャーペンも耐えられないんですよね。1年に何本シャーペンがいったか。かといって鉛筆に戻すのも嫌だしなぁって思っていました。

 

そんなとき、文具専門店にいったときに、ゼロ芯のシャーペンを見つけました。シャー芯を短くなっても使えるなんてすごいと思いました。そして、使ってみると先端がしっかりしているので、他のシャーペンと違ってそれほど力を入れずともかけることに気づきました。そして2Bのシャー芯を使えば折れないし、潰れなかったのです。

 

そうして、高校生くらいから使い始めるようになりました。

 

3 現在は2代目

今使っているゼロ芯シャーペンは2代目です。初代は先端が潰れることはありませんでしたが、持ち手のゴムの部分がゆるゆるになってとれてしまいました。それでも長期間使えたので、よく持った方です。大学生くらいまで使えました。大学生の頃に買い換えてから、今も使っています。

大学以降使用頻度が下がったので持っているのもありますが、最近になり、漢検で再び使うようになったので、シャーペンの傷み具合が進み始めました。

持ち手が少しずつ緩んできて、そろそろ替え時かなーって感じなっていました。でも、近所では見かけないし、どうしようと思っていたのです。

 

そんな折、ハンズメッセがあるということで東急ハンズにいきました。ハンズメッセは人混み過ぎて近づけなかったのですが、セールをやっていない文具コーナーは入れたので入ってみていると、売っていたのです!!

ここを逃したらもう買うチャンスはないと思ったので、2本まとめ買いしました。

 

1本350円くらいのシャーペンが多い中、500円するので少し割高です。しかし、500円する他のシャーペンはすぐに潰れてしまうので、それに比べればお得です。

 

ということで、このシャーペン使っていきます。

メーカーさん、潰れないでください。そして、このシャーペンの製造を中止しないでくださいね。