双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

双極性障害と文章を書くこと(アウトプット)

どうも。

 

最近、ものすごい勢いで文章を書いています。

大体このブログ記事は2000字から3000字(結構4000字近くになることもありますが)

で、記事自体は2~3本まとめて書いて、予約投稿にしているんです。だから、ちょっと前の話が多いなぁって思う人もいるかもしれません。

 

たまに早く書く記事もあるんですけどね。

 

それと新サイトの記事ですね。あちらは1500字~2000字です。勉強系サイトなので短くしています。長いとなかなか読めないかなと思っています。なんせ、ネットに助けを求めるくらいですからね。

f:id:hodaka6212:20181114112507j:plain

目次

 

1 一番多いとき

ということで、最近は一番多い日は

 

このブログ記事×3本(3000字×3本)

新サイト記事×1本 (2000字)

 

くらいを書く日があります。これってなかなかの量ですよね。自分でもこれくらい書けるんだって思います。これくらいの量をライターとして書ければそれなりの金額いただけるんじゃ無いかと思いますが、なにせ、このブログの内容は思ったままを綴っているので、調べて書くことに比べれば、楽なんですよね。

 

今回の休職では、前半戦はインプットが中心でした。このブログを始めて情報収集もしていましたが、漢字検定の勉強をしていたので、難しい漢字をいっぱい吸収していました。後は読書ですね。だから、ほとんどがインプットです。

 

漢検は残念ながら合格に届きませんでしたが、少しお休みにしています。ずっと覚えることを繰り返していれば、いけるようになると思いますが、今は記憶の沈着を狙っています。忘れる部分と覚えている部分に分けて、覚える量を増やす時期です。

 

その代わり、アウトプットを増やしています。

 

2 アウトプットすること

アウトプットをすることで何がいいのかというと、書くためには頭の中で一度整理することです。別に紙に書き出して整理するようなことはしませんが、頭の中でどんどん整理しているなぁって感じはあります。

 

頭の中で整理する方法はいくつかあると思います。

 

紙に書いて整理する

しゃべって整理する

文章にして整理する

 

色々出来ますよね。

ブログは基本的に文章にして整理するに属すると思います。

双極性障害の方のブログを見ていると、記録的に残されている方も多くいらっしゃいます。一日のことを書いている人もいるので、なんだか丸一日一緒にいた気分になる人もいます。

 

そうやって積み重ねていくと、振り返るときに役に立ちそうです。

 

現実でも記録を取っています。睡眠記録と気分記録。これで見直すことも出来ますが、ブログで書いておくとその気分の時に何をしていたのかが分かってきます。

 

それがリンクし始めると、自分が病状を把握するのに役立ちそうです。

だから、アウトプットして残すことの意義は大きいと思います。

 

3 文章を書くことを苦にしなかった

私の文章は基本的に長くなる傾向にあります。

このブログのほとんどの記事は、普通のレベルに比べると少し長いです。でも読んでくださってるみなさんがいるので、感謝です。

 

昔から文章が長いです。

中学生の頃、何かの文章を書く宿題があったとき、字数制限がありませんでした。確か400字以上書くという設定だったと思います。お題は何でも良かったので、頭の中にあった物語を書きました。原稿用紙1枚で良いところを20枚くらい書いて出しました。

 

先生には「長ければ良いってもんじゃない」と言われましたが、上限設定が無かったので思うままに書いたんです。

 

だから、ダラダラ書こうと思えばいくらでも書けます。

 

でも、それではしんどくなっちゃうと思うので、ある程度で区切ります。仕事上の文章だとB5用紙に収まるようにするか、B4用紙に収まるようにしなければなりません。(私たちの仕事は未だにBサイズの用紙を使います)まぁ、そういうことで制限の掛かった文章も書けるようになってきました。

 

そこで、もう一つのサイトでは字数をできるだけ短くして書いています。

 

4 卒論と修論で鍛えられた

長い文章を書くことになれている私でしたが、卒論と修論でさらに鍛えられました。研究論文になるので、調べたことを元に書かなければなりません。それまでの授業での提出レポートは4000字程度だったので、楽勝でした。

 

しかし、卒論は「最低2万字」、修論は「最低4万字」が暗黙のルールでした。それを超えないといけないのです。話がバラバラでいいのなら、レポート5つと10個分なので、可能ですが、一つの研究にまとめた情報でその字数というのはかなりのプレッシャーでした。

 

私たちの論文では本文の引用が結構あります。古典を扱うため、本文を引用し、その部分からどういう情報を引き出して利用するのかを明確にしなければなりません。そこでしか文章が稼げないのです。

 

私の文章は「お節介レベル」で細かく書きます。異なる解釈をされたら困るからです。しかし、論文の世界では完結スリムに書かないといけません。論理に従って読めば外さないことを前提に書くのです。そのため、事細かく書くのはよしとされませんでした。

 

そこからは大変でしたね。自分の文体がダメってなったので、どうしようかと思って、論文書き方の本を読んで色々と試しました。結果的に良かったのか悪かったのかは分かりませんが、なんとか通していただきました。

 

そこからですね。「自由記述」「小説風記述」「論文記述」を手に入れたなと思いました。仕事を始めてからは「小論文記述」「自己推薦記述」「随想記述」などを書いては見直してきています。そして、今は「ブログ記述」ですね。

 

記述方法っていっぱいあるなーって思っています。そして、私はそれらを自由に引き出せるようになりたいと思っています。こんなに書き方変わるの?って感じですね。

 

他にも「台本記述」とかも気になりますね。「シナリオ記述」とかもあり得そうです。それぞれに書き方があるので、その道の人の真似をして書いて、慣れてきたら独立していく感じになるでしょう。

 

5 さいごに

ということで、私のアウトプットの話をしてみました。

いっぱい色々書き方を身につけて表現してきたいとなぁと思います。

 

 

双極性障害とiPadpro

どうも。

 

双極性障害の波の中で生きています。

アップダウンが激しい時期でしたが、少しずつ落ち着いてきているような気がします。これからは軽躁に入る時期のはず。気持ちは楽になるけど、要注意の時期ですね。

やっぱり私は季節性で変化するようではないようです。たまたま寒くなった時期に変化が来ただけで、冬は鬱が多いにも当てはまらない気がします。

 

でも波のリズムが少しゆったりになってきているような気がします。今まで2~3ヶ月に一巡してましたが、4ヶ月くらいで一巡になりそうです。でも、これでもまだ早いんですよね?もう少しゆっくりになってほしいなぁ。

 

さて、今回はiPadproちゃんのお話です。

 

f:id:hodaka6212:20181112200356j:plain

まぁ、もっとキレイに取れよって話ですよね。

 

あ、新型じゃないです。前の分です。iPad pro 10.5インチです。

 

仕事で使おうかと思って買ったんですけど、結局すぐに休職したので、日常的な使用にとどまってます。高い買い物だったけど・・・携帯の機種変と一緒にしたので、ある程度割引は入ってるけど、3年縛りなので、3年は使うぞー(いやもっと使うけど)

 

256GBにしたので、容量的には問題ありません。ガンガン使えますね。

 

特にアップルペンシルを使いたかったのでプロにしたのもあります(新型のiPadでも使えるらしいですね)でも、処理速度の問題で、なめらかな使用をしたい場合はproが勧められるそうです。

 

毎年、iPadの使い方の雑誌に目を通してみるのですが、いろいろなアプリがあるんですね。今日も使い方知って、早速取り入れたアプリがあります。

 

でも、何に使っているかというと、新しいサイトのアイキャッチ画像の作成が今はメインです。簡単に円の中に文字を入れるだけなんですけどね。

あとはカレンダーですね。スケジュール管理。

一応、病気のことを説明したスライドも作って入れてあります。説明が必要な場合は。

大学の授業のメモも取ってますね。

 

あぁ、こうやって考えると色々使えてるなぁ。

ノート持って行かなくて良いので、結構便利です。

人物系図書いたとき、使い回したかったら簡単にコピーできるからいいですね。

 

そういえば、最近小論文の添削をするのですが、PDFファイルに直接書き込みできるアプリ入れているので、それに書き込んで返信しています。ネット上だと文字が中心となりますが、手書きで修正できるので、その辺は喜ばれますね。

 

他にもトレーニングするときにYouTubeとかアマゾンミュージックで音楽流したりしますね。サウンドのレベルが高いので、結構良い音質が楽しめます(聴覚過敏にはありがたい)

 

とまぁ、今の使い方はそんな感じです。

 

最初、このブログもiPadで書いてたんですよね。でも、いろいろな機能が使えないので、結局パソコンになりましたが・・・

出かけててブログチェックできないときは、iPadでしているときもあります。でも、アプリの問題か、☆ボタンが押しにくくて、ちょっと困ります。

 

んー今回は何も考えずに書き始めてみたんですが、これといっておすすめできる内容ではなかったですね。

 

あとは、甥っ子や姪っ子の子守もしてくれますけどね(笑

 

あ、そういえば有料アプリでノートいっぱい作れるやつ入れているので、話をしながらメモを取りますね。結構役に立ちます。図式化して話すると相手ともスムーズに行くので。

 

あちらこちらで使い道があるので良い感じです。

 

ということで、今回はiPadproのお話でした。

本当はもっとキャプチャーとかして説明したいのですが、そこまで使えるアプリ持ってないので、これくらいにしておきます!

 

幼児向け教材ってすごいですね

どうも。

 

双極性障害の波乗り中です。

混合期って言う厄介なところにいるのですが、少しずつ抜けてきている気がします。が、まだ揺れやすいので油断は大敵です。

 

さて、今日は「幼児向け教材」についてです。

姪っ子がもうすぐ誕生日です。11月18日。3歳になります。

誕生日プレゼントは何が良いかなぁって思っていたのですが、靴とか服とかいっぱい持っているので、あんまり要らなさそう。

親は飛び出す絵本の豪華なのを買うって言ってました。

本屋によって見てたんですけど、確かに飛び出す絵本の豪華な物はすごいですね!

 

で、私はどうしようかと思っていたのですが、2歳になった姪っ子は「お勉強する」って言ってお兄ちゃんのめばえ教室の教材を引っ張り出してきて遊ぶそうです。遊ぶというのか学というのか。

 

ということで、学意欲があるなら、幼児教材がちょうどいいんじゃないかと思って、見に行きました。3歳からの教材が結構ありました。ちょっとだけご紹介しましょう。

 

f:id:hodaka6212:20181113163755j:plain

 ↑本屋さんにおいていたパンフレット

 

 目次

 

 1 これがいいかなーと思ったやつ

 はじめてのかみこうさく1集

 なんか楽しそうですよね。これなら紙を切って作ることが出来るので、楽しめるかなって思いました。おりがみとは違う楽しみ方ができるし、甥っ子がいることも考えたら、たくさん遊べる方がいいかなーと思いました。

 

 はじめてのおけいこ特別限定版

これえんぴつとか鉛筆削りとか色々おまけが付いているんです。今まではクレヨンでぐちゃぐちゃしてるばっかりだったからそろそろ鉛筆を・・・まだ3歳だから早いかなぁ。

 

いきなりいっぱいプレゼントしても飽きられそうなので、まずはこの二つを送ってみます。ちなみにお兄ちゃんの方は、全然興味を持っていません。だから、お勉強系はあまりですね。5歳になる学年ですが、自分の名前のひらがなと「7」と「5」だけ分かります。なぜか知らないけど(笑

もうちょっと分かって良そうな年だなぁとは思うんですが・・・まぁ個人差個人差。

 

2 他にも見てていいなーと思ったもの

はじめてのひらがな1集

 

 くもんのひらがなの練習です。2歳から対象なんですね。小学校入学後では少し遅いと思います。小学校で習う前に習得しておいた方が色々と不便はないでしょう。

これの2集もあったけど、やっぱり買うなら1集からかなー。もうちょっと大きくなったら買ってあげようかな。

 

もじ かず ちえ

 

 これは2歳からできるので、すぐにでもやっていいかもって思いました。面白いですよねーこうやって認識していくんだって思いました。

ここにあるのって痴呆症の予防のやつも似てたりするんですよね(笑

スキル的には同じなのかもしれないですね。

 

3 これすげーと思ったもの

いや、幼児教材でもここまで進んでいるのかーって思いました。

 

シンキングスキルシリーズです!

f:id:hodaka6212:20181113165551j:plain

 これです。

えっ!?これは広告貼らないの?って感じですよね。広告貼った方がいいのかもしれませんが、一つずつ探し出して貼るの結構手間ですね。

アマゾンアソシエイト真面目にやっている人えらいですね。まめです。

この四冊もなかなか面白かったです。大人がやればあっという間ですが、幼児がやるにはちょうどよいハードルですね。

 

4 さいごに

 さて、今回は少しばかり幼児教育について書いてみました。

私も一応教育関係者なので無関係ではありませんが、幼児を対象としていないので、あまり見ていませんでしたね。我が子もいないですし。

甥っ子の時は仮面ライダーとか戦隊もののおもちゃだったので見なかったですしね。

姪っ子は少し違う感じなので、良いお勉強になりました。

 

※飛び出す絵本もすごいですよ!

 

双極性障害と家庭菜園 new ーパート3ー

どうも。

 

家庭菜園の記事を挙げていますが、前回の記事の途中でスタートを切ったので、若干記録が溜まっているので、早い目にパート3です!

 

前回までで10日目までの記録でした。今回は11日目から15日目です!

 

soukyoku2.hatenablog.com

 

soukyoku2.hatenablog.com

 

さて、どんな感じかご紹介しましょうー!

f:id:hodaka6212:20181110140428j:plain

 

f:id:hodaka6212:20181110140529j:plain

11日目

移植後も問題なく成長してくれています。ちょっとだけ成長速度の差が生まれ始めました。鉢の両端の子達は少し小さいのです。日光当たりにくいからかなぁ。

 

 

f:id:hodaka6212:20181110140701j:plain

f:id:hodaka6212:20181110140748j:plain

12日目

みなさん!!気づきましたかっ!!実は前日にもあったのですが、小さくて分からなかった、3枚目の葉っぱが出てきています!!最初の双葉から次の葉っぱです!食べられる部分が大きくなってきました!わーい!!

 

f:id:hodaka6212:20181110140928j:plain

f:id:hodaka6212:20181110140956j:plain

f:id:hodaka6212:20181110141026j:plain

13日目

左端のところはあまり成長がよくありません。土の栄養少ないのか、日当たりが悪いのか。成長してないわけじゃないので、葉は出てきてますが、結構小さいです。

それ以外の所はかなり成長が進んできました!なんと4枚目の葉が見えているんですよ!!前の時はほとんど確認されなかった成長です。

 

でも、ところどころでちょい問題発生です。葉が重いかして、倒れ始めた子が・・・土の土台をたてて補強が必要かなぁ。

 

f:id:hodaka6212:20181110141256j:plain

f:id:hodaka6212:20181110141322j:plain

f:id:hodaka6212:20181110141347j:plain

14日目

もはや4枚になってきましたね。最初の双葉は食べられないとしても、本葉が2枚になったので、オッケーですね。これで前回の記録はあっという間に抜かしました(笑

 

f:id:hodaka6212:20181110141500j:plain

f:id:hodaka6212:20181110141531j:plain

15日目

えっ!?あれ??なんか昨日よりめっちゃ大きい。二つ目の本葉がもう立派になってる!?一日でこんなに育つんですか!?成長期ですかね♪

でも、葉同士がぶつかりはじめましたね。

植え替え作業が必要になってきそうです。

 

ということで、15日目までの記録です。

今回はここまでは上手くいきました!このままそだってくれるのでしょうかっ!?頑張ってお世話したいと思います。

 

 

 

双極性障害と夢物語

どうも。

 

おぉっと。入力しようとしていたら、ちっちゃい「っ」がいっぱいになった・・・なんだ?バグですか?どうもって挨拶がものすごっく気合いのこもった感じなってました(笑

 

さて、そんなことはさておき、今日もまた夢の話です。つまらない夢も多いのですが、不思議な夢は目が覚めたタイミングで記録を取ってみています。今回もそれを元に夢を再現したいと思います。

 

f:id:hodaka6212:20181015201607p:plain

 

 

新型スーツ

ここはどうやら電車の中らしい。何人かで乗っている。どこかへ出かけた帰りのようだ。 電車の中、そう思うだけで息苦しい。

そう思い初めて、息苦しさが頂点になる。苦しくて息が出来ない。その場に倒れ込む。どこかの駅の半個室場所で休憩させてもらっている。飲み物をのみ落ち着く。そばにいてくれたのは、管理職だった。

 

時間が経過したようで、外に出ると夜だった。ご飯に行くことになった。メンバーはチェンジしている。5,6人でご飯を食べた後、帰ろうとしたら携帯電話の忘れ物に気づく。しかもガラケー。今時こんな携帯を使っているのはあいつしかいないとピンと来る。持って行って渡してあげようとしていたら、なぜか中の一人が携帯忘れていると電話をかけ始めた。

でも、当然だけど、携帯はここにあるからつながらない。電話に出ないと怒りだしているが、それが誰なのかは分からない。けど無駄な努力をしている。

 

外に出るとどこなのか分からなかった。見慣れない町並み。帰り道が分からない。すると、道を案内してくれるという人が現れる。付いていけばいいらしい。しかし、なぜ、猛ダッシュ。ものすごいスピードで移動していく。自分もそのスピードについていく。

 

駅でも、家でもない。どこか知らない、ぼろい団地の4階に案内される。扉はすだれになっていて、粗末な服を着た人がたくさんで住んでいる。謎の木があって、それが食べ物だと教えられる。その木を調理してくれと言われる。仕方なく、木を削ってみたが、どこが食べられるのか分からない。しかし、そうこうしていると、私は料理人と呼ばれていた。

 

料理人の私を紹介している案内人がいる。私はどうやら高級店でシェフをしているらしい。これも何かの縁と、団地の住人の一人が兄と弟を連れて行きたいと言い出した。私はその時にはごちそうするよと約束する。

 

料理をしていると、いつの間にかイタリアンに移動していた。

 

料理をやめて、客席で食べる側になる。そこでパスタを食べる。晩ご飯を食べた後なのに、まだ食べるのかと思ったが、なんとか食べた。そして、車で移動して、イタリアンのはしごをさせられる。もう一件でもパスタを食べさせられる。限界を超えて食べることになった。

 

そこから帰ろうと思うと、近くに商店街がある。お祭りをやっていた。職場の人も参加しているらしい。神輿を担いで過ぎていく。

 

道が通れないので、地下通路から迂回することになる。そこになぜか知り合いがいる。何か病気をしていたと思って、声をかける。今はもう元気になったそうだ。地下通路を抜けると駅に到着する。

 

一緒にいた一人がお土産を買って帰ると言い出し、お土産を買うことになる。駅に大きなデパートがついているのだ。そこで「USBスーツ」を買うことになる。最新のスーツでUSBサイズで持ち運び、必要に応じて取り出して着られるという高性能のスーツらしい。

 

それを買おうとデパートに入ると長蛇の列。並んでみるが、店員の態度が大きく、たくさん売れているので、通常価格の倍近くの値段で売られている。見栄だけで買っているようで馬鹿馬鹿しくなった。

 

そこで、諦めて列から抜けようとすると、「順番抜かしだ!帰れ!!」と店員に言われる。イライラが募って、キレて大きな声で言い散らかす。

 

「そうだよ!帰るんだよ!こんな高額が売りだけのユ○クロみたいな店に二度と来るか!!おいしいものたべるのに高い服はいらない!手の届く範囲のおいしいものが一番でしょうがっ!」

 

といって店を飛び出した。

 

再び地下通路に迷い込む。

 

そこで、目が覚めた。

なんでこんな食べてばかりの夢だったのだろうか。

食欲亢進の薬が倍増したので、寝ながらも食欲が強かったのかなぁ・・・

 

あー変な夢。でもUSBスーツはあったらほしいかも。持ち運び便利そうだったし・・・高額じゃ無かったら買ってたかも(笑