双極性障害2型と暮らす

双極性障害2型、仕事をしながら薬調整をしようとしたが、失敗。2度目の休職者のきままなブログ

双極性障害と復職16日目

どうも。

 

双極性障害と共に生きる人間です。

 

共生社会を実現していきましょう!(ちょっと意味が違うけど

 

さて、今日は復職16日目です。

 

4月19日(金)

この日は午前中は特にすることがありませんでした。なので、プレゼンの準備に集中しました。こういう時間に一気に作っておかないと、あとが大変なのです。

 

そうしていると、おばちゃん職員がやってきました。滅多に関わりの無い人が来たので、何だろうと思っていると・・・

 

「遅くなってすみませーん。今日の午後からの講演会の役割当たっていますので、資料持ってきました」

 

「えっ?何の話ですか?」

 

「今日の午後から外部の人が講演してくれる予定ですよね?それの役割に当たっているんですよ」

 

「初耳なんですが」

 

「えぇ、だから遅くなりましたって言ったじゃないですか」

 

(・・・えっ?遅すぎない??本当に遅すぎない???)

 

「これが名簿でーす。」

 

「・・・えっと、出席確認すればいいんですか?」

 

「そうです。」

 

「顔と名前分からないんで、座席表とかで出席確認したいんですけど・・・」

 

「座席表ですかーいいですよー作ってください。出席の取り方はお任せします」

 

「えっ?今から、こっちが作るんですか?」

 

「はい。昼からですし。」

 

(ん?たまたま午前中空いているけど、あと1時間くらいしか無いよ?この人、自分以外はみんな暇だと思っている?)

 

「嫌です。こっちにも予定があるので、これに関しては、今言われて時間を割くのはできません。前に置いておいて、名前に○を付けるように言って出席取って良いですか?」

 

「それはお任せします」

 

「あと、これってずっと中で聞いとかないといけないですか?」

 

「いやーそこまではお願いできないですけど、受講態度悪い人がいたら注意して欲しいんですよ」

 

「受講態度悪いってどういう人ですか?」

 

「ちゃんと聞いていない人です」

 

「聞いているかどうかなんて見た目では分からないし、それを注意するならずっと中にいないといけないですよね。それは出来ません。講師の人にバンバン注意して良いですよって言っときます」

 

「それでもいいですよー」

 

「で、話が終わったあとは、どうしたらいいんですか?」

 

「それはお任せします」

 

「えっ?」

 

「特に決めていないので、自由解散でも、なんでもいいですよ」

 

「連絡することはあるんですか?」

 

「あっ、そうでした。ありました。最後に連絡して欲しいんです。」

 

「じゃぁ、自由解散にしたら連絡できないですよね?」

 

「あっ、そうですねー本当ですねー」

 

「・・・・・・」

 

「じゃーお願いしますねー」

 

・・・・・・50代後半のおばちゃん職員さん。よくこれまで、こんな感じでやってきたなって思ってしまいました。

 

適当すぎるにもほどがある。

 

講演会の1時間前に名簿持ってきて、色々注文付けるか?って思ってしまいました。仕事の振り方がおかしいのか、私を見下しているかですね。

 

結局昼からの講演会は出席を取って、別の仕事をしようと思っていたら、講師が来ない・・・

 

今準備しているので待っててくださいと、誰だか分からないおじさんが話している(講師の派遣を依頼していた業者のおじさん)。時間が無駄になりそうだったので、先に連絡事項を伝えておく(時間の節約

 

そうしていたら、汗だくで走ってきました。

 

外部講師かと思っていたら、その業者の兄ちゃん!!他の部屋の機材の設定に手間取りました!といっていました。まぁ、私は慌てる必要は無いので、

 

「私はまた最後の方に顔を出しますので、この時間は全てお任せで良いですか?寝ている人とか、気にせず注意してもらって良いので」

 

「わかりました!!」

 

ということで、私はその部屋から離れました。

 

別室で資料のチェックをしていたのですが、なんとなく不安になってきて、どんな様子かなーと思って、途中でのぞきに行きました。

 

部屋の外からのぞいたのですが、爆睡している人がたくさん。それでも前で話している・・・ちょっとだけ聞き耳を立ててみたのですが、話が面白くない・・・

 

(まぁ、業者の人だし、自己責任でしょ。話が面白くなかったんだって反省して、来年はうまくなってもらう機会だ。ここは心を鬼にして・・・何も言わずに放置しよう)

 

ということで、放置しました(笑

 

終了5分前に戻ってみたのですが、爆睡者が増えていました。時間が来たのですが、話が終わりそうに無かったので、時間ですよーと伝えると、慌てて話を終えていました。

 

部屋から出て行く受講生の方々は、眠そうな目をこすりながら去って行きました。

 

そのお兄ちゃんと少し話したのですが、よく分かりませんでした。しかも、携帯電話が鳴って話をし始めたんですよね。せめて、違うところでして欲しかったです。

 

で、部屋の窓を閉めて、忘れ物が無いかチェックをすると・・・話をしていた兄ちゃんの上着を発見しました。持って行こうと思って、持ち上げたら財布が落ちました・・・

 

これって、受講生の人が気づいて持って行かれてたらわかんないですよね・・・怖ーい。

 

とりあえず、荷物を詰めて帰ろうとしているところに持って行きました。本人は忘れいていることにすら気づいていなかったので、持って行って良かったです。

 

というような事態になっていました(笑

 

週末に疲れたー!!ってなりました。

 

私たちの仕事はプレゼンが中心なので、外部の人が来たときは非常に気になります。上手い人の技術は盗みたいですからね。でも、大はずれの人も結構います。やっぱり、こなしている数が違うので仕方ないのですが・・・

 

さて、一週間が終わりました。

 

よしっ頑張った!